BLIZZAK VRX2 マイクロスコープで見てみたら(*´з`)

今日は店内に設置されているスタッドレスコーナーにある

『 マイクロスコープ 』でタイヤ(カットサンプル)を見てみると、どんな感じか見てみましょう(‘ω’)

【 ブリヂストン BLIZZAK VRX2 新商品 アクティブ発泡ゴム採用 】

※表面の皮むきが終わっている状態(タイヤの慣らし走行が終わっている状態)で見てみました!!

スタッドレスタイヤで大事な氷の上の ❝ 水 ❞を除去するのに必要な ❝ 水路 (スポンジの穴のような)❞ が多い方がより氷に密着しますよね!!

これがブリヂストンの『 発泡ゴム 』の秘密です。

 

ツルツルな道路、アイスバーンや朝晩の交差点、上り、下り坂などあなたの『 ヒヤリ!!(; ・`д・´) 』が減らせますよ!!

 昔、某CMで見た『 乾いた氷は滑らない! 』のあれです(; ・`д・´)

ちなみに慣らし走行の終わっていない状態は・・

まだしっかりと水路が出てきていません。

初期状態でも効くように工夫して作られてはいますが、やっぱり慣らし走行必要ですね(‘ω’)

 

慣らし走行(皮むき出来ている状態)の目安は約40km(街乗り程度の速度)で200km走行状態。軽いクルマの場合はもっと必要かもしれませんね!

 

早めの装着で慣らしをシッカリして冬本番を迎えましょう★☆